新宿駅東南口のストリート・ミュージシャン

 サイトに予告があったので、藤田一道さんを見に新宿駅東南口へ。
 時間は過ぎているものの、演奏は始まらず。すぐそばで演奏しているバンドに遠慮して(?)、終わるのを待っているらしい。
 ようやく始まろうとしたところで、警察官二人が。通報があったらしく、撤収を求められる。
 しかし警察官も威圧的な雰囲気ではまったくない。「ごめんねぇ。いや、こっちも一応取り締まってるって風にしないとさ、具合が悪いから」。お互い勝手を知ったもの同士、という様子。
 撤収の準備を始める藤田さんに話しかけてみると、わたしのことを覚えていてくれている。
 階段を登り、東南口すぐの場所に移動。そこでは別のストリート・ミュージシャンが準備をしていて、藤田さんとも顔なじみの様子。彼らの演奏後、少しだけやらせて欲しい、というショバ交渉。先ほどの警察官とのやり取りといい、ビデオカメラを持ってきて「取材」すれば良かった、とも思う。
 先客のバンドのギタリストが、曲を弾くともギターと戯れるとも言えない調子で、音を出し始める。藤田さんも横でハーモニカを吹いている。

新宿駅東南口のストリート・ミュージシャン
“新宿駅東南口のストリート・ミュージシャン”の続きを読む

藤田一道、「例外」、空へ帰るゴミ

 先日ストリート・アーティストの藤田一道さんのことを書きましたが、いきなり購入したディスク『違う』収録の「例外」という曲がすごく気に入っています。
 例外というと、throwしたりcatchしたりする方ばかり考えてしまいますが、ラブソングらしくないこのタイトル、そして歌詞が素晴らしい。「例外」という冷たい言葉の選び方、そこへの向かってジワジワ上り詰めていく展開、一瞬だけ裏返る声、セクシーです。
 海の向こうの千年前の詩を七転八倒しながら読む割に、日本語の歌の歌詞をあまり聴かない、というか日本語の歌自体ほとんど聴かないのですが、この歌詞は興味深いです。

優越感も薄れてきた頃
気がついたあなたの浮気性
八方美人を地で行く人ね
悪びれる素振りも見せずに
(・・・)
教えて私は
あなたの 恋人でしょう

 誰にでも優しい彼氏に対し、彼女が自分の位置づけ、存在を問いかけます。「あなたにとってわたしは何か」を問いかける歌です。
 彼女は最初「恋人」という言葉を選びますが、飽き足りません。「わたしにとってあなたは『恋人』、あなたにとってわたしは『恋人』」。当たり前です。この言明は正しいですが、彼女が求めているのはそうした「客観的な正しさ」ではないのです。ですから、ここでの「あなた」は、「わたし」と「あなた」と「それ以外」によって構成される世界全体の中の「あなた」ではありません。「それ以外」から見て妥当な回答が彼女を満たさないのは、「あなた」が「それ以外」を容れる余地のない全体性だからです(「あなたがすべて♪」)。
 次に彼女は「特別」という言葉を選びますが、それでも満足しません。フェラーリは「特別」な車かもしれませんが、車は他にも沢山あって、その中の「特別」に過ぎません。「特別」などという形で「それ以外」にもわかるような印を、求めているのではないのです。むしろ「客観的」な認識を拒み、そうでありながら「誰が見ても明らかな」印が欲しいのです。
 もちろん、そんなものを言葉に表すのは不可能です。ここでの彼氏は世界の全体性ですから、この問いは「世界にとってわたしとは何か」と言い換えられます。この「世界」は、「わたし」自身を含む全体です。単に「みんなの意見」ではありません。一票入れる方に自分も回るなら、評価対象としての「わたし」は一回オフにしないといけません。オフにしてしまったら、今度は投票結果がわかりません。でも、「全体」の答えを得るには、一瞬でもオフにしないわけにはいきません。つまり、自分自身をオフ=物質にして、賭けてしまう必要があるのです。
 この歌の中で、彼女が見つけた答え、つまり「何でもないもの」は、「例外」という言葉です。
“藤田一道、「例外」、空へ帰るゴミ”の続きを読む

弾き語りギタリスト藤田一道さん@新宿駅東南口

 ストリート・ミュージシャンが大好きですが、生音原理主義者なので、どうもアンプを使っている人たちに惹かれません。
 楽器によってはアンプがないとお話になりませんし、まして新宿駅前のような喧騒ではどうしようもないとは思うのですが、電気の力に頼っているのがどうもストリートらしくない気がしてしまうのです。脇で発電機が唸っていたりしたら、演奏がどんなに素晴らしくても即スルーです。
 最近はオケを流して歌っているボーカリストなどもいますが、「路上カラオケかっ」とツッコみたくなります。まぁ、別に路上でカラオケしちゃいけない理由もないですし(法的にはあるかもしれない)、どんどん好きなだけ歌ったら良いとは思いますけれど。
 そんな「アンプ嫌い」で、今ひとつ「歌もの」に惹かれないわたしが、アンプの上に座って弾き語りするストリート・ミュージシャンに足を止めてしまいました。藤田一道さんという方です。

弾き語りギタリスト藤田一道さん@新宿駅東南口
“弾き語りギタリスト藤田一道さん@新宿駅東南口”の続きを読む

ナシール・シャンマとウードの標準化

 「アラブの音を聴け」で常味裕司さんのウードを初めて聞かせて頂いた(というか初生ウード)のですが、アラブ音楽素人にとって一番有名なウード奏者と言えば、ナシール・シャンマ
 常味さんには失礼なのですが、ナシール・シャンマの圧力は確かに尋常ではないです。
 のんびりした「民族音楽」なイメージでは全然なく、「イングヴェイ・マルムスティーンかっ」な超絶テクを見せてくれます。


“ナシール・シャンマとウードの標準化”の続きを読む

iTunesのネットラジオで今聴いている曲の曲名をGoogleで検索

 iTunesのネットラジオをよく使うのですが、気に入った曲の曲名を検索しようとしても、ヘッダ部分に表示される「今かかっいる曲」の文字列(局のURLと交互に表示される部分)がコピーできず、イライラします。
 コピーできないものかググッていたところ、bulkfeed様の「Hacking the Hack #92: iTunes COM API で今聞いている曲を Blog エントリに掲載」「iTunes で聴いてる曲: ストリームの場合」という三年以上も前のエントリに面白いスクリプトがあったので、ちょっといじって「iTunesのネットラジオで今聴いている曲をGoogleで検索」スクリプトにしました。
 以下をコピペしてテキストに貼り付け、nowPlaying.js等と名前をつけて保存。ダブルクリックするとIEが立ち上がって検索してくれます。
 拡張子「.js」を別のアプリに紐づけている方は、右クリックで「プログラムから開く」から「Microsoft Windows Based Script Host」を選んで下さい。
“iTunesのネットラジオで今聴いている曲の曲名をGoogleで検索”の続きを読む

bonobosと思い出のフィッシュマンズ

 bonobosを知ったきっかけは、MTVか何かで流れていたSomewayのPV
 あまり聞かないタイプの音楽だったにもかかわらず、すごく引き込まれました。
 すぐに検索して、You tubeにあったPVを一通り見ました。

 最初の印象は「フィッシュマンズっぽい」というもので、実際交流があったようです。
 でも、思い出して久々にフィッシュマンズを聞いてみると、明らかに違う。特定の世代のある種の人々にとって、フィッシュマンズは特別な存在だと思うのですが、その「なにコイツら!」なインパクトのあったフィッシュマンズを改めて聞いてみると、bonobosとは全然違う。違うのですが、bonobosを聞くとフィッシュマンズを思い出す。言わば、実像とズレつつ記憶の中に残っている「思い出のフィッシュマンズ」とbonobosはとても似ているのです。
 だからこそ、bonobosは単なるフィッシュマンズの焼き直しではなく、正しくフィッシュマンズの位牌を継ぐ者なのかもしれません。いや、違うかもしれませんけれど・・。
“bonobosと思い出のフィッシュマンズ”の続きを読む

iTunes MacintoshからWindowsへのデータ移行

 MacintoshとWindowsのデュアルユーザーなのですが、iBookは事実上音楽再生専用機。起動するのが面倒になって、iTunesのデータをWindowsに移行しました。
 iTunesデータの移行についてはwebに山ほど情報がありますが、「Windows Macintosh iTunes 移行」などでググると、WindowsからMacintoshへの情報は沢山あっても、MacintoshからWindowsというのはあまり見かけません。まぁ、一緒のことなのですが、Windowsを捨てる人はいてもMacintoshを去る人は少ないということなのでしょうか。
“iTunes MacintoshからWindowsへのデータ移行”の続きを読む