コメント欄の程よい敷居


 コメント欄を閉じています。
 「なぜコメントの敷居を高くするのか」で書いたように、一定の敷居を設けつつコメント欄はある、という状態を求めていて、Movable Typeの時はType Key認証が丁度良い面倒臭さを発揮してくれていたのですが、WordPressにしてから運用に迷っています。


 subscriberにだけ許可するのでは狭すぎて意外性がないですし、「許可したものだけ掲載」は緩すぎます。
 いっそ「ランダムでクイズが出題され、全問正解しないとコメントできない」プラグインでも作ろうかとも思うのですが、間違いなくわたし以外誰も使わないので、モチベーション上がりません。
 WordPressデフォルトでメールアドレス必須は選択できるのですが、URL必須というオプションはありません。個人的に、URL必須と実在チェックだけプログラムにやらせて、そこが本人のブログでかつ面白かったら許可、くらいの歪んだフィルタをかけたいのですが、運用がものすごい面倒な上、自我の水準の取捨選択が強力すぎると主の意志が十分に反映されないかもしれない、というつまらなさがあります。
 一応コンタクト用フォームも設置しましたから用件はメールで済むでしょうし、書きたい方は自分のブログでもどこでも書くものですから、コメント欄なしでもいいかなぁ、という気もします。

 程よいコメントの敷居について、良いアイデアをお持ちの方がいらしたら、是非ご指南下さい。
 そのアドバイスを書くコメント欄はありませんが

追記:Y.N.さん、あなたの空気の読めなさ加減が心底ウザいからコメント閉じているので、メールしないでください。