WordPressでアラビア語 連続改行を有効にするプラグインbrBrbr

 WordPressでアラビア語をポストしようとすると、色々問題があります。
 アラビア語は右から左に書くため、

<p lang=”ar” dir=”rtl” style=”text-align:right;”></p>

 のように方向とアラインメントを指定してやりたいのですが、WordPressでは改行後空行があると自動でpタグで囲んでくれてしまいます。
 そのため、せっかく上のように「ここからここまではアラビア語」と指定してやっても、一度改行後空行が入ると、元に戻ってしまいます。
 この「連続改行できない」問題は、別段アラビア語を使っていなくても隔靴掻痒の感があります。連続でbrタグが入るのがhtml的によろしくない、ということなのですが、「自力で気をつけるから自由にさせてくれ」というオプションが欲しいです。
 というわけで、改行プラグインのbrBrbrをインストールしてみました。
“WordPressでアラビア語 連続改行を有効にするプラグインbrBrbr”の続きを読む

ماذا تظنون إذا كان أحد له مئة خروف ضل واحد منها أفلا يترك التسعة و التسعين في الجبال و يمضي في طلب الضال.

フォト蔵からまとめてブログに貼り付け&無料写真共有サービス比較

 フォト蔵から写真・動画をまとめてブログに貼り付けるサービスを公開しました。

フォト蔵からまとめてブログに貼り付け

 フォト蔵、というより写真共有サービスというものを使い始めたのはつい最近です。
 写真共有サービスは色々ありますが、わたしの要件は「無料でたくさん置いておければそれで良し」というミもフタもないもの。「写真共有サービス容量比較」みたいなまとめページはたくさんあるのですが、どのサービスも容量拡張やサービス拡大が著しいため、意外と最新情報を比較するのが面倒です。主だったところだけ無料で使える容量を調べてみると、
“フォト蔵からまとめてブログに貼り付け&無料写真共有サービス比較”の続きを読む

若者の乳離れ

 若者の乳離れに歯止めがかからない――2007年の国内哺乳瓶販売は前年比6.7%減と3年連続で減少し、1982年以来、25年ぶりの低水準に沈んだ。メーカー各社は新興市場の伸びを支えに好業績を記録してきたが、国内市場では販売戦略の練り直しを迫られている。
 哺乳瓶販売はピークだったバブル期の1990年(777万本)から約240万本減った。売れなくなったのは哺乳瓶ばかりではない。
 日本乳母協会連合会(日乳連)によると、登録乳母(母乳量660cc超)の2007年の契約人数は前年比7.6%減の343万3829人。4年連続で減少し、1972年以来、35年ぶりの低水準。軽乳母(母乳量660cc以下)も5.1%減の191万9816人と4年ぶりのマイナスだった。
 低迷の背景について、日乳連は、赤ちゃんの嗜好多様化▽賃金の伸び悩み▽出産年齢の高齢化▽ガソリン価格の高騰――と分析している。とりわけ深刻なのは若者の乳離れだ。若い世代は母乳よりも離乳食やげんこつ煎餅への出費を優先する傾向が続いている。
 社会学者の宮田信二氏は「昔は長くおっぱいを吸っていることが赤ちゃんのステータスだった。『乳も吸えないようでは結婚もできない』という価値観があった。今は交通網も発達し、趣味も多様化している。地方はともかく、都市部では母乳を吸う必然性がなくなっているのではないか」とコメントする。

旅美人 ツバキ油 洗い流さないトリートメント

 大久野島の温泉で使って以来気になっていた旅美人の洗い流さないトリートメントを購入しました。こちらは馬油ではなく椿油です。ドライヤーの前に髪に塗って、熱から髪や地肌を守ってくれるタイプです。

旅美人 ツバキ油 洗い流さないトリートメント
“旅美人 ツバキ油 洗い流さないトリートメント”の続きを読む

Nikon COOLPIX S600買いました!

 ニコンのCOOLPIX S600を買ってしまいました。

COOLPIX S600

 きっかけは大久野島に行った時、写真を撮る楽しさを思い出してしまったこと。一応映像屋崩れなのに、動画はおろかスナップ写真からすら遠のいていました。
 今回のカメラ選びの大原則は、以下の通り。

・軽い
・起動が早い
・見た目が可愛い
・広角側が強い

 至って庶民的です。
“Nikon COOLPIX S600買いました!”の続きを読む

答えを見ることと考えること、コピペ問題、果敢なる教えてくん

 arkanalの日記:分からなければすぐ答を見よう

私は自分で考えるということに「こだわり」がありました。私は子どもの頃より理解力が高いと自惚れていたために逆にそういったことが過剰な自身になって「こだわって」しまったわけです。(・・・)
しかし、今はっきり言えるのは、「分からなければすぐ答えを見て考える」と格段に早いということなのです。とにかく、まず「答えを見る」。そして、それから「考える」のである。こういうことを私は20代後半のころに少し気がついた。で、答えを見てから考えるようにしてみました。そうするとうまく物事が行くのです。

世の中では、よく、安直に答えを見てたら思考力が育たないとか言われたりします。昔の私もそういうものを読んで、そうだそうだ、考えるのがエライのだとか思っていたりしたが、違うのです。答えを見てから、それがどうして正解かを考えることで思考力が育つのです。(・・・)いくら自力で考えても、その結論が世の中で正解とされていることとは外れていては冷や飯を食わされるのです。つまり主流から外れた答えを導き出す思考力というのはよほどのことがないとカネにならないのです。

 arkanalさんとわたしは、妙に自負心やらを抱えて育ち、色々学んだ割りに、結構なオトナになってから「こんなもんカネにならん!」とやっと気づいたりするあたり、少し似ているところがあると思うのですが、このエントリにはとても共感します1。わたしは「要領の良い方法」を知ってなおそれを裏切る、ということも大事というか面白いと思っていますが(arkanalさんにも時には「敢えて要領悪くやってみる」楽しみがあるのでは、と想像します)。
 わたしが「まず答えを見る」系の要領を習得したのは、プログラミングという仕事を通じてのところが大です。バリバリ文系でコンピュータなどまったく興味もなく、手っ取り早く日銭を稼ごうとしただけだったはずなのに、いつの間にやら開発者のハシクレとして糊口をしのぐ日々に馴染んでしまいました2。この商売で痛感するのは「大抵の疑問は既に誰かが考えた疑問であり、その疑問にはほとんどの場合もう答えがある」ということです。いわゆる「車輪を再発明するな」というヤツです3
 開発者なら誰でも知っていますが、書くのは最後の手段です4
 まず「もう書いてあるもの」を使いまわせないか調べて、書く場合も書かれたものをうまくパクり、それがダメでも調査に時間をかけ、頭を使うのは一番最後です。白紙に書くことではなく、再利用に頭を使っているだけですが。
 プログラミングを始めた当初は頭を使うのが楽しくて仕方なかったですし、そういう「楽しさ」がまったくないといくらなんでも仕事を続けるのが辛いと思うのですが、その楽しさをグッと噛み殺して「どうせこんなもん誰かがやってるんやん」と思って調べてみると、大抵本当に誰かがやっています。夢も希望もないです。オトナって厳しいです。
 ちなみに、体系的教育を受けた経験も性格的適性も微塵もない代わり、ほとんどの開発者よりは多少語学が堪能なので、新しいものの調査先遣部隊にはよく使って頂けます。有難いことです。
“答えを見ることと考えること、コピペ問題、果敢なる教えてくん”の続きを読む

  1. わたしはarkanalさんのように真面目でもマメでもないですが。多分教養でも歯が立たないし、それからわたしは漢字がとても苦手です! []
  2. 万国の真面目もしくは夢溢れる開発者の皆様、申し訳ございません。でもお金が欲しいからやめません。 []
  3. 「敢えて再発明する」意義も時にはあります。学習的意味だけでなく、再利用をまったく想定していないものを無理やりツギハギするより、「再発明」した方が合理的な場合もあり得ます。ただ、そうしたケースは見た目の印象よりは、大分少ないものだと思いますが(「こんなもん一から書き直した方がマシやわ!」>「うわ、こんな罠があったんや、確かにこれはキレイにいかないね」)。 []
  4. うっかり偉そうなことを書いてしまいましたが、わたしは開発者としてはやる気も能力もプライドも一ミリも持ち合わせていませんから、ここに書いてあることは著しく間違っているかもしれません。興味のある方はやる気や能力やプライドのある開発者さんに伺ってください。 []