『恋するアラブ人』とハードボイルド文体

4560027722 恋するアラブ人
師岡 カリーマ・エルサムニー
白水社 2004-11

 先日、著者師岡カリーマ・エルサムニーさんにサインを頂戴してしまった『恋するアラブ人』。
 季刊「アラブ」に連載されていたエッセイをまとめられたもので、一気に読んでしまう素晴らしく楽しい本なのですが、この面白さをどう伝えるべきか、ちょっと悩みました。
 惹かれる点の一つは、「日本語ネイティヴ」が語るエジプト農村での子供時代、という素朴にエキゾチックな面。海外で育った日本語話者が幼年期を振り返る、というテクストは少なくありませんが、アラブ世界のそのまた田舎、というのは他で見たことがありません。
 ただ、そうした物珍しさが本書の最大の魅力なわけではありません。
 そもそも『恋するアラブ人』に収められているのは、カリーマさんの思い出に基づいたエピソードだけではありません。アラブの故事を巡る歴史エピソードや、アラビア語を巡る話題もあるのですが、そうした諸々が客観的知識としてポンと置いてあるのではなく、私的な領域と交錯しながら動的に展開していくのです。
 つまり「物語的」ということで、ほとんど良質の短編小説のように読める部分もあるのですが、その「物語」の「語り」が猛烈に上手い。上手いというか、コブシが利いていて「熱い」のです。
 先日、「生カリーマさん」のお話を聞いても思ったのですが、「こう来てこう来てここでドーン!」な話の運び方に天性のものを持っている方です。時々学校の先生で、余談が異様に面白い人というのがいて、卒業後数学や古文のことは忘れても、この余談だけは残っていたりするものですが、そういうタイプです。あの気が狂いそうなアラビア語文法をカリーマ先生に習っていらっしゃる方は、とても幸せだと思います(余談だけ残って文法を忘れてしまうかもしれませんが・・)。
 こういうノリをどこかで見たことがあります。ハードボイルド小説です。
 「テーブルの上にコップがある」と言えば済むことを「オレはテーブルの上にコップの存在を認めた」と書くのが、ハードボイルド小説です。要するに表現が動的で、静的な事象も自己との変化する関係性の中で表す、というスタイルです。
 いや、カリーマさんの文章は、こんな野郎くさいものではないのですが、棒高跳びのような躍動感があるのです。
 対象を客観的に記述するだけなら、こういうスタイルは必ずしも優れているとは言えません。安定した姿勢から、スナイパーのように狙い打つ方が的確でしょう。
 でも血沸き肉踊るのは、やっぱり馬賊のモーゼルのような文章です1。馬の上から十発に一発当てる方が、百発百中のスナイパーよりカッコイイです。
“『恋するアラブ人』とハードボイルド文体”の続きを読む

  1.  この骨董品同然の銃のデザインが、一周回ってちょっと未来っぽく見えてしまうのは、わたしだけでしょうか。個人的に結構好きです。 []

『ジャーヘッド』

B000M7XQ2U ジャーヘッド
ジェイク・ギレンホール ジェイミー・フォックス ピーター・サースガード
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 2007-04-01

 何気なく見始めたのに、吸い込まれて目が離せなくなりました。従軍兵士たちが丁度同世代ということも、魅力的だった理由の一つかもしれません。
 湾岸戦争を舞台にした、「戦わない戦争映画」。
 あるのは頭をカラッポにさせる訓練と、粗野な男たち同士の諍い。砂漠に赴いてもひたすらに待機が続く。
 半年待って開いた戦線でも、一発も撃たない日だけが過ぎていく。
 死体写真家の釣崎清隆さんが、インタビューで「基本的に戦場っていうのは暇な場所なんだよ」と仰っていたのを思い出しました。

 わたしは、戦争というのは穴を掘らされることだと考えています1
 自衛隊に入ると、まず穴を掘る訓練をさせられる、と聞きます(本当かどうかは知りません)。
 掘って掘って、それから掘った穴を埋める。
 多分、戦争ってそういう感じだと思います。

 犯罪は楽しい。
 人殺しも、多分、結構楽しい。
 でも戦争は最低だ。会社より学校より主婦どもの公園より最低だ。ナカマとトモダチがいる限り。

  1.  この辺は「『誇りを持って戦争から逃げろ! 』 中山 治」に書きました []

ナシール・シャンマとウードの標準化

 「アラブの音を聴け」で常味裕司さんのウードを初めて聞かせて頂いた(というか初生ウード)のですが、アラブ音楽素人にとって一番有名なウード奏者と言えば、ナシール・シャンマ
 常味さんには失礼なのですが、ナシール・シャンマの圧力は確かに尋常ではないです。
 のんびりした「民族音楽」なイメージでは全然なく、「イングヴェイ・マルムスティーンかっ」な超絶テクを見せてくれます。


“ナシール・シャンマとウードの標準化”の続きを読む

サッカーを見るたび知らぬ間に神の名を叫ぶ

 カフェバグダッド「アラブの音を聴け」にお邪魔し、ミーハーにも師岡カリーマ・エルサムニー先生のサインを頂戴してきてしまいました。
師岡カリーマ・エルサムニー先生のサイン
 ウード奏者の常味裕司さんと、声楽を学ばれたカリーマ先生のトークセッション。
 初めて聞く「生ウード」も楽しみでしたが、正直、最大のお目当てはNHKラジオ・ジャパンのアラビア語アナウンサーでNHKテレビ「アラビア語会話」講師として知られるカリーマ先生。と書きつつ、何せ「アラビア語会話」は半年単位でリピートしまくっていますから、きっとご本人にとっては過去の話で、「アラビア語会話のカリーマさん」と紹介されるのにも飽き飽きしているのだろうなぁ、とちょっと胸が痛みます。
 アラビア語会話は全回チェックしているのですが、「動くカリーマ先生」を見るのは、今回の「生カリーマさん」が初めて。というのも、我が家には録画予約する機器が一つもなく、全部録音で音だけ聞いているからです。後半の「文化コーナー」ではめくるめく風景が紹介されているらしいのですが、一度も映像を見たことがありません(笑)。音を聞きながらググッって「鳩の塔ってこんな感じか!」と想像している、ハイテクなんだかローテクなんだかわからない楽しみ方をしています。
 「アラビア語会話」をご覧になった方は御存知でしょうが、カリーマ先生は取り澄ました知識人という方ではなく、紛れもなく「生まれながらのエンターテナー」アラブの血が踊っている「オモロイ」先生で、おまけに超美人。口八丁手八丁で浅く広い知識を合わせ一本にする技術ではそうそう人に負けない自信がありますが、カリーマ先生は「本物」ですから、ちゃんと深いです(笑)。
 今回のトークでも冴えまくっていたのですが、一番面白かったのが「サッカーを見るたび知らぬ間に神の名を叫ぶ」とでも呼びたい話題。
 歌舞伎でも屋号を叫ぶ習慣がありますが、アラブ音楽でも感極まった時には聴衆が「合いの手」を入れるそうです。そうした中、最も一般的なのが「アッラーフ」、つまり神の名である、とのこと。
 そしてかつてイスラーム支配下にあったイベリア半島で、この言葉がなまって定着したのが「オーレ!」の掛け声。つまり、サッカーの応援をされている方は、知らぬ間に神の名を叫んでいるわけです。
 このエピソードは、単なる居酒屋トークネタとしても面白いのですが、信仰と「問い」について考える契機にもなります。
“サッカーを見るたび知らぬ間に神の名を叫ぶ”の続きを読む

サン電子初代トークマスター復活!

 「2008年度NHKラジオ講座とトークマスター」でサン電子のトークマスターのことを書いたのですが、わたしの初代トークマスターが復活しました。
初代トークマスター
 故障して放置してから大分経っていたので「そもそも何ができかったんだっけ?」と久々に取り出して確認したところ、メモリの認識がおかしくなっていたのでした。
 内部メモリをすべて消去して録音しようとしても「FULL」という表示になってしまい、録音できません。
“サン電子初代トークマスター復活!”の続きを読む

NHKラジオ入門ビジネス英語がヤバすぎる件

 先日書いたような予定で、ビジネス英語とフランス語・アラビア語で今年度もNHKラジオ講座を利用し始めたのですが、早くも入門ビジネス英語にがっくりきています。
 いくらなんでも緩すぎます。
 これなら、実践ビジネス英語(旧ビジネス英会話)を二回ずつ放送してくれた方がまだ良いです。
 何だかNHKラジオ講座は年々緩くなっていっている気がします・・。
 ちなみに「まいにちフランス語」も危険です。
 まだ応用編を聞いていないので何とも言えませんし、元々入門編はどうでも良いのですが、応用編もおちゃらけていたら、アンコール フランス語講座に切り替えようかと思っています。
 ネットラジオならもっと色々チャンネルはあるのですが、やっぱりアナログくさい機器で聞きたいんですよねぇ。
 数少ない娯楽が・・・。