『イスラームの世界観』 「第三のアイデンティティ」の幻想と現実性

『イスラームの世界観』 イスラームの世界観―「移動文化」を考える (岩波現代文庫 社会 161)
片倉 もとこ
岩波書店 2008-02-15

 イスラームを、その始原における都市的・交易的性質から、「移動」という概念と結びつけて語る論は少なくありません。わたし自身ですら書いています。1
 ただ、自分で取り上げておいて何ですが、現代思想的な文脈での「移動」(微分・差延・・)語りにイージーにイスラームを引き合いに出す話には、いささか食傷しています。知れば知るほど「イスラーム的」なるものは模糊とし、わたしたちの馴染んだ意味での「思想」的文脈には安易に引き付けられない、と感じているからです。2
 本書を手に取ったのは、長年のフィールドワークから得られた具体的エピソードが中心に据えられ、「現代思想」的ではない匂いがしたからです。実際、片倉さんの語られる事例は表情に富み、読み物としてだけでも相当楽しめました。

 特に興味深かったのは、カナダ・バンクーバーに多く済むエジプト出身ムスリムたちにおける異文化対応と「トランスナショナリズム」。
 一口にカナダに移住したエジプト人と言っても、そのアイデンティティの形は様々です。筆者はこれらを、三つのタイプへと仮に分類します。①西洋・カナダ文化主義的「同化型」、②エジプト主義的「固有文化型」、そして③イスラーム普遍主義的な「トランスナショナル型」です。
 実はこの論がわたしを惹き付けたのは、ある別の問題系への連想が強く働いたから、というのが一つあるのですが、その問題についてはここで語るつもりはありません。多くの様々な問題系に応用のきくフレームですので、カナダのエジプト人に一例となって頂き、概説の後、わたしなりの展開を試みます。
“『イスラームの世界観』 「第三のアイデンティティ」の幻想と現実性”の続きを読む

  1.  以下参照。
    「都市生活者は唯一神と移動する」
    「イスラーム」は砂の思想なのか」
    「webは「砂の文明」である」 []
  2.  以下参照。
    「『書物の運命』、駱駝と針の眼」 []