行きと帰りで違う道を通ること、奴隷とゆとりファシズム

4004301548 イスラームの日常世界 (岩波新書)
片倉 もとこ
岩波書店 1991-01

 「『イスラームの世界観』 「第三のアイデンティティ」の幻想と現実性」で触れた片倉もとこさんによる『イスラームの日常世界』。
 おそらくは、「第三極」的幻想をイスラームに仮託し、「寛大」やら「多様性」を無闇に称揚するリベラルたちに人気のあった論調で、つまり個人的には気に食わないわけですが(笑)、「思想」としてはともかく、地に足がついたエピソードは純粋に読み物として楽しいので、気軽に寝転がって読むことができます。
 ちょっと気になるのは、「行きと帰りで違う道を通ること」。

 かれらがしばしば引き合いに出すハディースに、「一ヵ所、じっとしていてはいけない。なるべくさまざまなことをした方がよい」というものがある。一人の男がムハンマドのところへやってきて、「わたくしは、よきムスリムでありたいと、日夜、礼拝にあけくれています」と言った。するとムハンマドは、わたしは「礼拝もするし、断食もするけれど、家族と団らんのときをもち、友人を訪ねてあるくこともする。人生はいろいろなことをするのがよいのです」と言ったという。
 ムスリムの義務の一つである礼拝についても、「礼拝には、できるだけいろいろなモスクへ行きたまえ。いつも同じ人たちとではなく、ちがった人たちといっしょに神の前にひざまずくがよい」とある。
 「モスクに行った帰り道は、行きに通った道ではない道を通って帰ってくるのがよい」ともいう。同じ道を行ったり来たりするというような行動を、よしとしないのである。

 「行きと帰りで違う道を通る」。
 そんな余裕ないよ!という方が大勢でしょうし、わたしも大抵は同じ道で帰るのですが、同じ道を行ったり来たりしていると、段々と生活の全体が鬱屈とし、「やらされている」感が積もっていきます。自分自身がそういう暗黒な思考にハマりやすい性なので、余計に「同じ道を通る」危険を感じます。
 わたしたちは、結構色々なことができます。
 何でもできるわけではありませんが、無理だと思っていることも、やってみると意外とアッサリできてしまうことがあります。
 できたから何だというものでもなく、やりたくなければやらないでも構わないのですが、そういう「やってみれば意外と簡単」を経験することの効能は、「いつもの道」に戻ってきたとき、「やらされている」感が減って気が楽になることにあります。
 自身のかなり無茶苦茶な人生を振り返っても、人間、やろうと思えば何でもできてしまうものだと思いますし、そう簡単には死なないものです。それでも、職場と往復するだけの生活が続くと、不幸感ばかり増してきて、出口のないすり鉢の底にいるような気持ちになってきます。
 そういう時に、ただ「行きと帰りで違う道を通る」という簡単なことを実践してみると、少しだけ目が覚めた気持ちになります。
 ここで重要なのは、ハッとすることで「自由」な感じを得たとしても、実際にやっていることは一つしかない、ということです。
“行きと帰りで違う道を通ること、奴隷とゆとりファシズム”の続きを読む

『サウジアラビア―変わりゆく石油王国』保坂修司

4004309646 サウジアラビア―変わりゆく石油王国 岩波新書
保坂 修司
岩波書店 2005-08

 『乞食とイスラーム』『正体―オサマ・ビンラディンの半生と聖戦』に続き、保坂修司さんの著書。
 サウジアラビアという国の社会構造、その問題点と変化がわかりやすくまとめられています。
 サウジアラビアの成り立ち、ワッハーブ運動については以前ご紹介した『サウジアラビア現代史』もオススメですが、本書の主眼は通時的視点というより、共時的・構造的な分析。
“『サウジアラビア―変わりゆく石油王国』保坂修司”の続きを読む

NHKラジオアラビア語講座 話そう!アラビア語

 2008年4月からのNHK語学講座、ビジネス英会話は結構なのですが、アラビア語の方はまた師岡カリーマ先生のテレビアラビア語会話を再放送するのだろうな、と思っていたら、テレビ語学講座の番組表にない! よく見たらありました。NHKに白い粉を送らないでよかったです。自分の思い込みの激しさ、過剰に早急かつ大胆な決断力を改めて確認させられました。
 英仏拡充してアラビア語切捨てか!と、怒りのあまりNHK爆砕妄想が膨らみかけたところで、「もしや」と思ってラジオ講座の方を見てみると・・ありました!「NHKラジオアラビア語講座 話そう!アラビア語」!
 遂にアラビア語講座がラジオでレギュラーに!と、先ほどとうって変わってNHKに励ましのお便りを書こうと思ったら、榮谷温子先生による2006年の短期集中講座を半年かけて週一放送するようです。でもいいです。果てしなくタダに近い価格で週一回でも聞いたことのないシリーズを放送してくれるなら、それだけでも御の字です。NHKテレビアラビア語会話、全部録音しておいてよかったです。
 基本的にエンタテイメントでしかないNHKテレビ語学講座は、アラビア語以外聞いたことがなかったのですが(録音で聞いているので映像は見たことがないw)、学習チャンネルの限られているアラビア語については、テレビにも大変お世話になりました。カリーマ先生もモーメンさんも大好きです。
 ラジオの短期集中講座、去年のものはCDを購入して一番最初のアラビア語教材として利用させて頂いたのですが、せっかく初見の放送なので録音して必ずチェックしたいです。アラビア語講座のテキストは、他の言語と違って小さな本屋さんには置いていないことが多いので、放送が始まる前に入手しておきます。
 放送時間は土曜日の 午前6:00~午前6:30。アラビア語はまだ半年ほどなので、何を聞いても新鮮で楽しいです。
“NHKラジオアラビア語講座 話そう!アラビア語”の続きを読む

NHKラジオ入門ビジネス英会話と実践ビジネス英語

 AFN&NHK語学講座フリークなので、ビジネス英会話も半ば惰性で聞いているのですが、2008年4月から番組編成が変わるようです。
 現在午後11:15から15分の放送なのが、午後10:35~10:50に、そして現在は月火・水木・金土が同じ番組、つまり週3回分なのが、月曜と火曜は「入門ビジネス英会話」、水曜から金曜は「実践ビジネス英語」となる模様。レッスンの数が増えるのは結構なことです。
 「実践ビジネス英語」の方は、現在の「ビジネス英会話」と同じ杉田敏先生と松下クリスさんに加え、岩本スーザンさんが講師として加わっています。おそらく「実践ビジネス英語」が「ビジネス英会話」の後継番組、「入門ビジネス英会話」はもう少し優しいカリキュラム、ということでしょうか。1
 わたしはどのみち録音で聞くことがほとんどなので、月曜から金曜まで決まった時間でセットしておきます。お風呂上りにパックしながらシャドーイングしたりするのには丁度良いです。
“NHKラジオ入門ビジネス英会話と実践ビジネス英語”の続きを読む

  1. 入門ビジネス英会話レベルの方は、「おすすめビジネス英語本 TOEIC高得点者の弱点を補う」「日向清人先生からメールが!」も参考にしてみてください。TOEIC890、翻訳書も出していますが、未だにビジネス英会話とか自信ないです(笑)。普段の仕事でも会話はしませんし。 []

パンダ目にならない、マスカラを滲ませない方法

 続けざまにすいませんが、先日触れた気まま絵日記さんのエントリで「マスカラやアイライナーが滲んでしまう」というよくある悩み、パンダ目問題が書いてあったので、わたしが実践しているコツをメモしておきます。
 かく言うわたしも手先が不器用で、しょっちゅうマスカラやアイラインで失敗しています。
 不器用なのは諦めるとして(諦めるのかっ)、パンダになった夕方は本当に惨めな気持ちになるので、何か方法がないものか、以前にグルグル検索したりして調べてみました。
 そうしてリサーチした候補の中で、実際に効果があったのが、
“パンダ目にならない、マスカラを滲ませない方法”の続きを読む

iTunesのネットラジオで今聴いている曲の曲名をGoogleで検索

 iTunesのネットラジオをよく使うのですが、気に入った曲の曲名を検索しようとしても、ヘッダ部分に表示される「今かかっいる曲」の文字列(局のURLと交互に表示される部分)がコピーできず、イライラします。
 コピーできないものかググッていたところ、bulkfeed様の「Hacking the Hack #92: iTunes COM API で今聞いている曲を Blog エントリに掲載」「iTunes で聴いてる曲: ストリームの場合」という三年以上も前のエントリに面白いスクリプトがあったので、ちょっといじって「iTunesのネットラジオで今聴いている曲をGoogleで検索」スクリプトにしました。
 以下をコピペしてテキストに貼り付け、nowPlaying.js等と名前をつけて保存。ダブルクリックするとIEが立ち上がって検索してくれます。
 拡張子「.js」を別のアプリに紐づけている方は、右クリックで「プログラムから開く」から「Microsoft Windows Based Script Host」を選んで下さい。
“iTunesのネットラジオで今聴いている曲の曲名をGoogleで検索”の続きを読む

『正体―オサマ・ビンラディンの半生と聖戦』保坂修司

4022597917 正体―オサマ・ビンラディンの半生と聖戦 (朝日選書)
保坂 修司
朝日新聞社 2001-12

 「なぜ今ウサーマ本?」かと言えば、先日紹介した『乞食とイスラーム』の保坂修司さんの著書だからです。
 普通に読んでも『乞食とイスラーム』は面白いですが、保坂修司さんの文章からは、通り一遍のインテリではない頭の良さが感じられます。乞食という着眼点だけでもグッと来ますが、相当辛辣なことを書かれていても嫌味にならないのは、優れたユーモアの持ち主だからでしょう
 見た目と直観ですべてを判断する狩猟民なので、気になる著者がいるときは画像検索で写真を探してから判断するのですが、どことなくお茶目な印象。トークも面白いに違いありません。
 ちなみに、本書あとがきで触れられている、9・11以前から「オサママニア」として運営していたという保坂さんのサイトは、多分こちらです。「保坂修司」等で検索してもまずひっかかりません。「日本の中東」の最高なセンス、渋すぎる「サウード家メンバー検索」、「趣味はご朱印集め」、間違いなく保坂修司さんはわたしのタイプです。わたしのタイプの人は、大抵地球社会で冷遇されているので、こんなに面白いとちょっと心配になります。

 『正体―オサマ・ビンラディンの半生と聖戦』のこんな一節にも、わたし好みの知性を感じます。

周縁に位置するものが、中心を志向すれば、しばしば過剰なまでの「中心性」を身にまとわなければならない。本物以上に本物らしくないと本物とは認められないということである。

 これはウサーマの「周縁性」に触れた箇所ですが、彼は大富豪ではあるものの、父の代にイエメンの寒村から出てきて一代で財を成したもので、サウジを支配する王族の血を分けたものでも、マッカ・マディーナを擁するヒジャーズ地方の「都会人」でもありません。さらに母親は外国人とも奴隷とも噂され、一族の中でも浮いた存在だったようです。
 アラブ人男性としては「シャイ」な子だったというウサーマ。実際、彼がビデオ映像で語る様は、アラブ人によるプロパガンダの多くが手振り身振りを交えた激しいものなのに対し、物静かで淡々としています。純朴そうな青年が世紀の怪物へと変貌していく様子、そしてムジャーヒディーンを巡る「大人の事情」な物語を読み進めるに連れ、無性に悲しく、やり切れない気持ちになってきました。
“『正体―オサマ・ビンラディンの半生と聖戦』保坂修司”の続きを読む

まつ毛と癖

 気まま絵日記のasa殿が、先日のアイラッシュトニックの記事私信なエントリを立ててくれました。ありがとうございます。引きこもりブログですいません。妹殿がアイラッシュトニックの効果を実証されているとのこと、大変心強いです。心なしか、早くも伸びている気がします。
 「伸びている」と信じた方が伸びる気もしますし、そもそもまつ毛が長かろうが短かろうが結局本人が気にするかしないかだけの問題なので、いっそ伸びていないのに「伸びている」と信じているだけでも良いようにも思います。それを言っちゃぁお終いですが・・。
 それにしても、

ところが、数年前の修学旅行。朝になると同室の子達が一斉に、せっせとマスカラを塗っているのを見て、「普段っから化粧っけが無いし、てっきり天然まつ毛美人なのかと思ったのに、ばっちりカーラーしていたのか」と悲しくなった記憶が

 ってキミ天然すぎだよ! 日本の女子社会で生き難くなかったですか。いや、間違いなく貴方の方が正しいし、日本の女子社会で生き易いような女は、星のマークをつけて石鹸工場に送ってしまえ!くらい思っていますが。
“まつ毛と癖”の続きを読む

アルジルリンとトゥヴェール ホワイトクリームⅡ

 恒例のトゥヴェールお買い物です。今回購入したのはどれだけリピートしているかわからないディープホワイトパウダー(旧AP POWDER)アクアナノライズジェル、そして今回初注文ののホワイトクリームⅡ
 ホワイトクリームⅡは発売されたばかりのころにサンプルを使ったのですが、購入を決め手になったのはアルジルリン。アルジルリンとは、「塗るボトックス」とも呼ばれるリンクルケア系の成分です。
 「塗るボトックス」と言っても、アルジルリンがボトックスと同じわけではありません。ボトックスは調整されたボツリヌス菌を注射して表情筋の働きを阻害するものですから、同じものが簡単に肌に塗れたら大変です。ただ、同様に表情筋の緊張を和らげることで、緩やかに表情シワを予防・治療する働きがあるようです。
 ハッキリとしたシワで困っているわけではないのですが、何事も予防が一番。アルジルリンの含まれているスキンケア製品は色々あるのですが、長年愛用しているトゥヴェールのものなら安心です。トゥヴェールと言えばAP POWDERなどのリーズナブルで自然派の化粧品材料が有名で、わたしはビタミンC誘導体一本槍だったころからトゥヴェールを愛用しているのですが、今まで買ったどの製品もハズレがなく、肌にも優しいです。以前は美白ケア系が強かったのですが、最近はアンチエイジング系から健康食品にまでラインナップを広げています。

ホワイトクリームⅡ
“アルジルリンとトゥヴェール ホワイトクリームⅡ”の続きを読む